電子書籍の限界を知り、最近は原点に戻って書店で書籍を買うようになりました。

今は百田尚樹シリーズにハマっています。とりあえず永遠のゼロを速攻読破し、海賊とよばれた男(下)を8割読み進めました。

電子書籍だと、読めない漢字をタップしてすぐ調べることができるんですが、紙の本だとそもそもの読み方がわからないので、調べにくくてしょうがないです。ここが紙の嫌なところですね。

業務の話。

売買契約書と謄本を確認すると、登記簿上の名義人と契約書の住所と氏名が違うので、
「住所と氏名の沿革が付く資料をください」
とお願いしたところ、帰化した外国人であることが判明。
住民票や戸籍を見ても、住所氏名ともに沿革が付かず・・・
この場合、「外国人登録原票」という書類を東京の法務省より取り寄せしないといけないのですが、これがまた通常だと発行までに1か月くらいみたいなんです。
しかし、登記申請のため、なる早で頼みますと言えば、多少手続きを早めてくれる(らしい)ので、その旨をしっかり伝えるようにと再度お客さんに依頼。

すると

2週間で届きました。

やればできるじゃねーか

法務省

無事沿革がつき、決済予定日前に書類が揃いました。めでたしめでたし

 

兵庫県川西市の司法書士

ご相談は072-756-0371まで

司法書士が集まるにほんブログ村さんのリンクです。 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ