相続・遺言(相続登記/相続放棄/遺産分割協議書/遺言書)相談は、兵庫県の【瀬戸司法書士事務所】(川西市)。不動産登記/会社登記/過払金返還請求/借金問題も対応。

相続サポート(相続登記/相続放棄/遺産分割協議書作成/相続人調査)

相続登記代行

不動産を相続したら、早めに「名義変更(相続登記)」の手続きを行いましょう。

相続登記とは?

相続登記とは?

不動産(土地や建物など)を相続したら、名義変更が必要になります。これを「相続登記」といいます。

この手続きはいつまでにしなければいけないという期間制限はありませんが、もし名義を変えずにほったらかしにしておくと、次のようなデメリットがあり、あまりおすすめできません。

相続登記をしないデメリット

  1. 相続した不動産を処分する際に、「相続登記」をしなければ売ることができません
  2. 次の世代の相続が発生した時に、相続人の数が増え、「相続人調査」や「遺産分割」が非常に面倒になります。
  3. 故人(被相続人)の他界後あまり長い時間をかけると、他の相続人が手続きに協力してくれない可能性が高くなります。
  4. 「遺産分割」により、法定相続分より多い割合で不動産をもらった人は、その多くもらった部分については、登記していないと第三者に権利を主張できません。(例えば他の相続人が借金していて、債権者から差し押さえをくらっても「遺産分割で自分がその相続人の持分をもらっているから」と文句が言えません。)

相続登記代行

相続登記代行

この「相続登記」をご自身で行うと、「必要書類(戸籍など)の収集」「遺産分割協議書作成」が必要となり、膨大な時間と手間がかかります。
そこで、瀬戸司法書士事務所では、「相続登記」を代行します。


この「相続登記」を、手続きのプロである司法書士にまかせた場合のメリットをご紹介します。

相続登記代行

  1. 役所に出向く手間が省ける
    登記申請に必要な「戸籍謄本」や「除籍謄本」などの取得を代行しますので、平日昼間に時間を割いて役所に足を運ぶ手間が省けます。
  2. 相続のプロが書類作成
    「遺産分割協議書」や「相続関係説明図」も相続の専門家が作成するので、「相続人が欠けている」「遺産分割協議書の内容に漏れがある」などという心配がありません。
  3. 司法書士は不動産登記のプロ
    共有になっている建物や遠方の法務局の管轄にある土地でも、調査や準備をしっかり行って申請しますので、安心してご依頼ください。
  4. 新しい「権利証」の発行
    登記簿に名義が変わったことが記載されます。

権利証見本と注意

権利証見本

昔の「権利証(登記済権利証)」は法務局の印がバンっと押されたものでしたが、今はこのようなものになっています。

目隠しシールを剥がすと、パスワードのようなものが書かれていて、新たに不動産の名義を変えるときには、このパスワードが必要になります。

権利証本体がなくても、パスワードが分かればそれが権利証の代わりになってしまいますので、シールは剥がさずに保管しておくことをおすすめします。

相続登記に必要な書類

相続登記の申請は、「法務局」にて行います。「法務局」という場所も一般の方には馴染みがほとんどないので、不安も多いかと思います。

この登記申請には次のような書類が必要です。

相続登記に必要な書類一覧

  • 故人(被相続人)の「戸籍謄本」や「除籍謄本」など、相続関係を証する書類
  • 相続人の「戸籍謄本」
  • 名義を取得する相続人の「住民票」
  • 相続人の「印鑑証明書」
  • 「遺産分割協議書」(署名+実印で捺印)
  • 「固定資産税評価証明書」

などが必要です。


「法務局」という馴染みのない場所に出向いたり、これらの書類の収集・作成をご自身で行うことは、非常に労力のかかることです。
瀬戸司法書士事務所では、これらの書類収集から作成まで、お客様の「相続登記」をサポートします。

「相続登記代行」の料金・費用は、お気軽にお問い合わせください。


相続登記手続きの流れ

手続きの流れをご説明します。

  • 不動産の名義の確認

    登記簿から不動産の名義が故人(被相続人)の名義になっているかを確認します。

  • 登録免許税の計算

    固定資産税の評価額から法務局に納める「登録免許税」の計算をします。

  • 必要書類の収集

    被相続人の出生から死亡までの「戸籍謄本」、相続人の現在の「戸籍謄本」などを収集し、相続人が誰かを特定します。

  • 遺産分割協議

    相続人全員で「遺産分割協議」をして、署名捺印をしていただきます。

  • 相続登記の申請

    必要な書類を預かり、法務局へ「相続登記」の申請をします。

  • 権利証のお渡し

    登記完了後、「権利証」をお渡しして完了となります。

不動産の評価額が分かれば、素早く見積もりいたします。


相続放棄サポート

相続が発生すると、財産を相続することも、相続しないことも選択できます。

相続放棄とは?

相続放棄とは?

相続放棄」とは、借金も預金などの財産も一切相続しないという方法です。

「相続放棄」をした人は、その相続について、はじめから相続人とならならなかったとみなされるため、「相続放棄」をすれば、故人(被相続人)の不動産や預金(プラスの財産)などをもらうことができなくなりますが、借金や税金(マイナスの財産)なども返す必要がなくなるのです。

ただし、「相続放棄」には期限があり、自分が相続人であることを知った時から3ヶ月以内(熟慮期間)に、家庭裁判所に対して相続放棄の申述をする必要があります。


相続放棄できなくなることもある

熟慮期間内に借金の支払いをしたり、被相続人の財産に手をつけたりしたら、相続を承認したものとみなされ(単純承認)、「相続放棄」ができなくなる場合がありますのでご注意ください。


相続放棄サポート

瀬戸司法書士事務所では、平日昼間動きがとりづらいお客様に代わり、「相続放棄に必要な書類の収集」「申立書類の作成」「家庭裁判所への申立書類の提出」までさせていただきます。

「熟慮期間の3ヶ月を過ぎてしまった」という方もあきらめずにご相談ください。この期間は伸長できる場合があります。
「相続放棄サポート」の料金も、お気軽にお問い合わせください。


遺産分割協議書作成サポート

登記と相続の専門家である司法書士が「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割協議書作成サポート

遺産分割協議書作成サポート

相続人どうしの話し合いである「遺産分割協議」の結果、どのように相続財産を分けるのかが決まったら、「遺産分割協議書」を作成します。


「遺産分割協議書」を作成するには相続人全員の署名捺印が必要であったり、不動産の内容を正確に記載したりとなかなか大変な作業が必要です。
協議書の内容に間違いがあれば相続登記の申請が却下され、1から作り直しなんてことにもなりかねません。

瀬戸司法書士事務所では、登記と相続の専門家である司法書士が「遺産分割協議書作成」サポートしますので、印の押し直しや登記申請のやり直しなどのトラブルがなく、スムーズに名義が変わります。

「遺産分割協議書作成サポート」の料金・費用は、お気軽にお問い合わせください。


相続人の調査方法

相続関係説明図

相続人を確定するために「相続関係説明図」を作成します。

このような関係図を作成するために、故人(被相続人)の最後の本籍地の戸籍謄本から、出生までさかのぼって戸籍を収集し、相続人が誰なのかを調査していきます。

戸籍謄本は1通だけ取ればいいというものではなく、転籍していれば転籍前の戸籍、改製されていれば改製原戸籍というものを取得しなければなりません。もちろん本籍地の管轄の役所が1か所で済めばいいのですが、残念ながら複数の役所に足を運ぶケースがほとんどです。

瀬戸司法書士事務所にご依頼いただければ、このような面倒な作業はすべて代行いたします。
また、相続の専門家である司法書士が調査しますので、「相続人に漏れがあった」などという問題も起こりません。

オンライン予約

予約フォームは24時間受付中です。相談のやりとりはできませんのでご了承ください。

こちらのフォームは、相談内容の確認及びご予約専用であり、フォーム上でのご相談内容に関するやりとりには応じかねます。相談は面談の形式のみとさせていただきます。

ご予約の前にお読みください

  1. 迷惑メール対策などで、回答メールが届かない場合があります。
    下記メールアドレス、またはドメイン(赤文字部分)の受信許可設定をお願いします。
    info@setojimusho.com
  2. フリーメールは、回答メールが迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられてしまう可能性がありますので、「迷惑メールフォルダ」「ゴミ箱フォルダ」の中のメールもご確認ください。
  3. ご予約にあたって、「注意事項」をご了承のうえ、お問い合わせください。

お名前(貴社名)必須

メールアドレス必須

電話番号必須

お問い合わせ(ご予約)の種類(チェックボックスにチェックを入れてください。)必須

お問い合わせ(ご予約)の内容(希望時間・予約内容の詳細など)

※ 送信後、正常に送信された場合は入力したメールアドレスに自動返信メールが届きます。しばらくたっても自動返信メールが届かない場合は、お手数ですがお電話をください


オンライン予約にあたっての注意事項

  1. フォームでご予約された方につきましては、返信メールが届いた時点で予約確定とさせていただきます。
  2. 当事務所より送信するお客様への回答メールは、お客様個人宛てにお客様のお問い合わせにお答えする目的でお送りするものです。
  3. フォームによるお問い合わせは、相談内容の確認及び予約を取らせていただくためのものであり、 フォーム上での相談に関するやりとりには応じかねます。相談は面談の形式を取らせていただきます。
  4. フォームでのご回答が不達の場合またはお問合わせの内容によっては電話での確認をさせていただきますので、必ずお名前及び電話番号のご記入をお願いいたします
  5. お客様にご記入いただきました個人情報につきましては、司法書士の守秘義務に基づき責任をもって管理し、第三者への開示や他の目的での使用は一切いたしません。
  6. 土日・祝日を挟んだ場合およびご予約の内容によっては、ご回答までに日数がかかる場合がございます。予めご了承ください。

迷ったらすぐにご相談 072-756-0371 電話受付 9:30~18:30(土日祝休)
基本的には当方よりお伺いします。
事務所での面談も可能です(要予約)。

Copyright © 瀬戸司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.